こだわっているデザイン住宅で過ごすために!

建築工法で見る住まい探し

ハウス

快適性が約束されています

宝塚市では多くの分譲住宅が販売されており、新築一戸建てが購入しやすい地域となっています。各分譲地様々な住宅メーカーが手掛けているため、宝塚市内に限定した住まい探しとなる場合でも、広い視野で探していくことができます。新築一戸建てを選ぶ際には、多くのポイントを比較し決定していくことが大切ですが、特に頑丈さは重要なポイントとなります。それぞれの物件を見極めるには、家の基本構造を構成する建築工法に目を向けてみると良いでしょう。新築一戸建てでは、在来工法と呼ばれる木造軸組工法とツーバイフォー工法が主流となっています。宝塚市で販売されている分譲新築一戸建てにも、これらの工法で建てられている物件が豊富に存在しており、その中から選択していくことが基本となります。木造軸組工法は古くから日本の家屋に用いられてきた建築工法で、現在の住宅にも用いられています。柱、梁となる建材を縦横に組んでいき、さらに斜めに筋交いを組み込む形の工法になります。筋交いが耐震性を発揮するため地震に強く、また寒暖差、湿度変化の激しい日本の気候にも適しています。ツーバイフォー工法は、元々北米から伝わった工法であり、こちらも十分な耐震性能を発揮します。2インチ×4インチサイズの部材でフレームを構成していく工法となり、高い断熱性能を持っています。宝塚市で分譲新築一戸建てを探す際にも、これらの建築工法に注目してみると良いでしょう。各物件建築工法を活かした個性的な家屋となっており、安心、快適性が約束されています。